snow candle

2017.3.11

札幌市創成川公園

札幌でこの時期に出来ることは…

から始まった企画会議。

snow candleなんて、北海道らしいんじゃない?

1人のメンバーのヒラメキで、今回の企画が始まりました。

まずは 会場探しから…

札幌市の公園を借りるには…と、ググっていたら、『まち灯り』という活動が、あちらこちら市内の公園で行われているのがわかりました。

日程的に3月の参加で計画を煮詰めて行き、市内は市内でも、街中の創成川公園で行えることに決定。

必要な物のリストアップ、デザイン等を考えて、買い物、工作等は各メンバーに割り振り。

順調に準備をススメて行き、まもなく当日というある日、創成川公園のホームページに、『まちの灯り』のお知らせが掲載。

その日は奇しくも、東北大震災のあった3.11

ホームページからは、震災に対しての【灯火】としか思えないレイアウトです。

震災に向けての【灯火】企画なのに、そこに【SMAP】の文字を表していいのだろうか… と、悩み出したのは、私だけではありませんでした。

メンバーにその事を相談…

【smile】にしましょうか?と、発案した方の意見を採用。

でも、やっぱり【SMAP】の文字は作りたいよね…

じゃ、【SMAP】の文字前で写真を写してから、【smile】に変更しよう!

北国とは言え、三月の陽気で雪も溶けてきて、candle作りはできるのかしら?

と、不安があったのは事実です。

が、そこは天が味方をして下さった。

前日の夜から、当日の午前中にかけて、

サラサラの雪が10cm位積もったのです。

本当にこの雪には助けられました。

メンバー内、誰1人としてsnowcandleを作成した事がないので、不安いっぱいのスタート。

でもそこは人生経験を踏んだスマヲタ集団。仕事のできる人ばかり。

作業は捗り、スタートから30分後には、大体の成形が終了。

こんなに早く出来て、このあと点灯まで何をしてたらいいの? と、途方にくれる有り様… (;´д`)トホホ…

マックが近くにあって良かったわぁ~

つかの間の珈琲タイム。

いざ点灯!

【SMAP】の文字を前にすると、

今までの寒さも、疲れも何処へやら?

暮れなずむ街に、【SMAP】の文字が風にたなびき 、優しく我々を癒してくれます。

集合写真を撮ったり、個人で写真を写しているうちに、

ひょっとして、【SMAP】の文字のままでも、違和感ないんじゃない?

周りは、3.11…… いのり…… などの、文字を形どっているけど、【SMAP】でも、いいんじゃないの…

と思えてきます。

案の定、観光客に、なぜSMAP?

と質問され、大震災の義援金の呼びかけを最後まで行っていた彼らに、敬意を払う形で描いたことを説明すると、すんなりと納得して下さいました。

それどころか、メンバーカラーに光るライトアップに、興味を持っていただけた方が多く、どうやって色付けしたのか?

とか、SMAP文字のcandleの写真を数多く撮られている方など、いらっしゃいました。

こうして、初めてのsnow candle企画はどうにか無事に終了しました。

スマヲタが集まって、和気あいあいと作業をし、楽しく過ぎた時間。

綺麗に優しく癒してくれた【SMAP】のcandleたち。

楽しい時間だったけど、やっぱり帰路は切ない気持ちで、お月様を見上げるワタシなのでした。


こちらは、SMAP愛掘り隊の札幌支部の方に原稿を書いていただきました。

そして、札幌支部の方もブログを始めたようですので、リンクさせます。

皆さんの活動が少しでも多くの方に知っていただければ、幸いです。

なまら最高!SMAP(愛を届け隊 札幌)

「中居正広・どうか優しい光と影を・・・HP」

絶対的中居正広ファンです。「評価と見返りと手柄は求めないようにしています。それを目的にしてしまったら、やることが絶対に薄っぺらくなると思うので。」by中居正広 頑張りましょう。